​英語専科コース

幼児・小学生・中学生

スクリーンショット 2021-12-25 16.55.56.png
スクリーンショット 2021-12-25 16.59.29.png

小学生に必要な英語学習とは

学習指導要領の変更により、小学生の英語学習が大きな変革期を迎えています。2018年に、これまで歌や挨拶程度で、成績評価も無かった小学校での英語学習に「読む」「書く」が加わり、成績評価も導入されました。2020年には小学3・4年生から外国語活動が必修化され、小学5・6年生では「英語が教科」となりました。こうした英語教育の早期化に伴い、中学入試で英語を導入する学校が増えてきています。これまでの「英語にふれてみよう」ではなく、小学生から教科としての「英語」を「学ぶ」必要があります。COCORO ACADEMYの小学生英語講座で本質的な英語力を養いましょう!

eigo_class2.jpg
 

小学生英語講座の特徴

01

読む・書く・聞く・話すの4技能を身に付ける

2020年の大学入試制度改革により、大学入試においても英語は大きく変化します。文部科学省は「真に使える英語を身に付けるため、単に受け身で「聞く」「読む」ができるというだけではなく、積極的に英語の技能を活用し、主体的に考え表現することができるよう、「話す」「書く」も含めた4技能を総合的に育成・評価することが重要」と明言しています。4技能の習得には時間がかかります。当講座では、4技能を意識したトレーニングを積み上げ、バランス良く学習していきます。

eigo_class3.jpg

02

経験豊富な日本人講師に学ぶ

COCORO ACADEMYの小学生英語講座では、日本語を母国語とし、英語を第二言語として習得した経験を持つ日本人講師が指導します。子ども達は、疑問や不安を残さず講師に伝えることができるので、安心して授業に取り組めます。日本と英語圏の文化の違いも子ども達に分かり易く伝えることができ、英語学習への興味関心を引き出します。また、COCORO ACADEMYでは、幼児教育や子育て経験の豊富な講師が指導を行います。児童心理や児童の発達段階を熟知しているので、適切な声掛けを行いながら、英語学習に導いていきます。

eigo_class4.jpg

03

フォニックスでルールを学ぶ

フォニックスは、英語のスペルと発音との間に見られる規則性を学び、新しい単語の読み方を容易にさせる学習法です。英語圏の子ども達もフォニックスで英語の読み方を学んでいます。正しく発音できる単語であれば、音を聞いて正しく綴ることができる。フォニックスの習得が英語学習の力強いスタートになります。

eigo_class5.jpg

04

Show&TellとRoll Play Activity

英語を習得するにはインプットだけではなく、アウトプットすなわち、学んだ英語を口に出して使うことが重要です。小学生英語講座では、自分の好きな物や体験を示しながらクラスメイトにプレゼンしたり(Show&Tell)、設定された役になりきって会話を楽しむ(Roll Play Activity)など、意図的にアウトプットする状況を作りだし、臆することなく英語で発信するマインドを醸成していきます。

eigo_class6.jpg

05

英書を音読する

語学の習得に本をたくさん読むことは欠かせません。本講座では、英語圏の子ども達が読む児童書を自宅学習用教材として採用しています。付属のCDを聞きながら文字を追いかけ、声に出して一緒に読んでいく。この繰り返しが英語を英語のまま理解する力へとつながります。授業では、自宅で学習した児童書を講師やクラスメイトの前で音読して、学習成果を披露します。

eigo_class7.jpg

06

反復学習による語彙力強化

英語を「読む」「書く」「聞く」「話す」には豊富な語彙数を持つことが前提となります。フラッシュカードやボキャブラリーカードを使って、イメージと単語を結びつける練習を繰り返し行います。また、基本センテンスの音読を繰り返して定着を図るとともに、英語独特のリズムを身に付けます。家庭学習においてはプリント教材を使用して、単語やセンテンスを「書く」訓練をしていきます。「教科」として「英語」に取り組むには、この反復学習が必要不可欠です。

eigo_class8.jpg

小学生英語講座のクラス編成

eigo_class9.jpg

【クラス編成と目標】

小学生英語講座は、習熟度別に3クラス8ステージで構成されています。講師による事前のレベルチェックで適切なクラス(ステージ)を見極めて受講を開始し、緻密に設計されたカリキュラムでクラス(ステージ)を昇級しながら、力を伸ばします。

各クラス(ステージ)とも、目標とする英検級を設定し、そのレベルへの到達を目指して授業を進めていきます。また、実際に英検を受験することを奨励し、合格に向けたサポートも行います。英検への取り組みは、小学生が「読む・書く・聞く・話す」の4技能を習得するのに最適であり、明確な目標を持つことで英語学習のモチベーション向上にもつながります。

小学生英語講座の概要

【 開講曜日・時間枠 】

<月曜日> 17時15分〜18時15分 

<水曜日> 16時10分〜17時10/17時15分〜18時15分

<土曜日> 10時〜11時/11時10分〜12時10分 

【 受講時間 】  週1回60分

 

【クラス定員】1クラス4名の少人数グループ授業

【 安心の振替制度 】

病気や怪我、学校行事など、やむを得ず授業を欠席する際は、振替受講が可能です。大切な授業機会を失うことが無いので、安心して通塾頂けます。(一部制約がございますので、詳細は講師までご確認ください)

スタッキングブロック

ベネッセの英語教室 BE studio

BE studio(ビースタジオ)は、オールイングリッシュのレッスンで、「聞く・話す・読む・書く」をバランス良く学習でき、学校の英語対策はもちろん、将来世界で活躍できる実践的な英語が学べます。
ビースタジオは、幼児のうちから楽しく英語を「聞く・話す・読む・書く」力をバランスよく育み、積み上げていくカリキュラム構成がされています。「学校の授業で習うこと」が本格的になる前にスタートすれば、「英語が好き!もっと話したい」と思える体験をたくさん持つことができ、自信がつき学校でも活躍できます。
さらに、ビースタジオの先生は、英語を教えるスキルを持つと同時に、「子どもの気持ち」を細やかにとらえるスキルを常に磨いています。子どもの心に寄り添い、主体的な学びを促す、子育ての伴走者のように信頼いただける存在を目指しています。

bestudio_sozai1.jpg
 

ベネッセビースタジオ エレメンタリーコースの特徴

01

重要な英語表現を厳選し、
繰り返し触れて定着


英語の土台となる重要な英語表現や単語について、1回のレッスンだけでなく、定期的に異なるテーマや場面・条件の中で繰り返しふれるカリキュラムを採用。習った英語の意味や活用への理解が深まり、自身を持って口にするようになります。

DSC_9594.jpg

02

英語の学び方の基本が身につくレッスン・教材設計

本コースでは、英語の学び方の基本を身に着けることを重視。いたずらにたくさん詰込むのではなく、決まった流れや学習量で楽しく学びを進め、自律した英語学習としての第一歩を踏み出します。

P04-02.jpg

03

英語で伝える力を育むプレゼンタイムを導入
 

毎月の学習の仕上げとして「プレゼンタイム」を設定。英語で発表する楽しさを体感します。

また、ワークブックは大文字のマスターに加え、音韻や音素など小さな単位で英語の「音」の違いにいづく活動を実施し、音と文字を結びつける力の土台を育みます。

DSC_9821.jpg

公式 Instagramのご紹介

 

COCORO ACADEMYビースタジオ公式Instagramアカウントをご紹介いたします。

日常の楽しく学びに満ちた授業風景を発信しております。

@bestudio_jiyugaoka(外部サイトへリンクします)

ベネッセビースタジオの概要

【 開講曜日・時間枠 】

■エレメンタリーコース(小1・小2)

水:14時50分~15時50分

土:11時5分~12時5分

■キッズコース(年少~年長)

月:14時50分~15時40分

金:14時45分~15時35分

土:9時~9時50分

■ベビーコース(1~3歳)

水:11時~11時40分

【 受講時間 】  

■エレメンタリーコース(小1・小2):週1回60分

■キッズコース(年少~年長):週1回50分

■ベビーコース(1~3歳):週1回40分

DSC_0583_edited.jpg